お知らせ&イベント案内

2020.07.11新型コロナウイルス対策の徹底について

当施設の新型コロナウイルス対策について

 新型コロナウイルスの国内感染の拡大をうけて、当施設では下記の新型コロナウイルス対策を行っています。

 新型コロナウイルスは、感染した人の咳、くしゃみ、つばなどと共に放出されたウイルスを吸い込んだり、粘膜(目や鼻)に付着して感染する場合と感染した人がくしゃみや咳を手で押さえた後に机、ドアノブ、スイッチなどに触るなどしてウイルスが付着し、それを手で触れて目、鼻、口の粘膜・結膜から感染する場合があることを理解して、新型コロナウイルスに感染しないよう細心の注意を払っています。

 

1. 感染予防の徹底(入居者様・来客者様・従業員)

・施設に出入りする際には、必ずマスク着用の上、エントランスにて検温とアルコールによる手消毒をお願いしています。

・屋内の人混みまたは外出時にはマスクを着用すること。
・外出後は必ず<うがい&手洗い>を行なうこと。
(手洗いは石鹸で念入りに行い、清潔なタオル等で水を十分に拭き取る。)

2.感染拡大防止の徹底(入居者様・来客者様・従業員)
・感染を拡大させるリスクが高い場所(人と人との距離が近い状況で一定時間以上、複数の人々と会話など交わされる環境を避ける。
・マスクを着用していない場合、咳やくしゃみはティッシュや手で口と鼻を覆い、1m以内に人がいない場所で行い、覆った手は必ず石鹸で丁寧に洗うこと。
・感染者確認地域や県外・遠隔地から面談・来客者様がいらした場合、事情を説明し、マスクを着用して中庭・玄関外ベンチ等で面談して頂く。

3.感染が少しでも疑われる場合の対応(従業員)
・咳や鼻水が出る、発熱、強いだるさ、息苦しさ等がある場合は、即刻責任者に報告する。
・出勤前に上述の症状がある場合は、その旨を責任者に報告し、指示を受けて行動する。やむを得ず出勤、外出する場合はマスクを着用する。
・上述の症状が家族等にある場合も責任者に報告し、指示を受ける。

4.感染確認者と接触があった方の対応
・本人及び家族等が、最近感染確認者と接触のあった場合は、当面(14日間程度)は終日マスクを着用する。




お問い合わせ・ご相談

ご相談やお申込みはもちろん、施設見学やその他介護に関するご相談は
お気軽に、お電話、又はメールにてご連絡ください。

総合窓口

0538-49-3456

受付時間 8:00~19:00
365日いつでもお気軽にご連絡ください。

メールでのお問い合わせ・資料請求はこちら